エアクリーナーダクト

店主は三菱ジープJ59改には気に入らない点があります。と申し上げましたが、ジープTJラングラーにも気に入らない点があります。
それはエアクリーナーボックスに外気を吸わせる為のエアクリーナーダクトが付いてなく単純にエンジンルーム内の熱い空気を吸わせている事です。
エンジンの吸気温度は低い方が良いというのは当たり前の話です。
その為に三菱ジープJ59改やAMCジープCJ-7にはエアクリーナーボックスに外気を吸わせる為のエアクリーナーダクトを付けてグリル部まで引っ張りそこから外の空気を吸わせています。
それなのにジープTJラングラーはエアクリーナーボックスの横からエンジンルーム内の熱い空気を吸わせているのです。更にエアクリーナーダクトがないとOff-roadで水溜り等を走った時にラジエターファンが巻き上げた水を吸ってしまう危険性もあります。
三菱ジープJ59改やAMCジープCJ-7と違いジープTJラングラーはキャブレターではなくインジェクションですので吸気温度にそれ程気を使わなくても良いのでしょう。しかし40年以上前の旧いジープに性能向上や危険回避の為に取り付けていたものを無くさなくてもよかったのではないでしょうか。