チェンジレバーのブッシュ

弊店ではオリジナル商品としてクイックシフト/三菱Jeep用を販売しておりますが、その時ノーマルのチェンジレバー(シフトレバー)は下取り交換をお願いしております。
しかしその返却されて来たチェンジレバーを見ると下部の樹脂製ブッシュが割れてしまっているものが殆どです。更に酷い時はセンターピンが歪んで(曲がって)しまっている時さえもあります。
今回ご返送を頂いたチェンジレバーもブッシュが割れ、センターピンも歪んでしまっていました。
三菱Jeepはチェンジレバー下部に樹脂製のブッシュが付いていますが、このブッシュは長期に渡る使用により割れて(砕けて)しまうのです。残念ながらこれは三菱Jeepの欠陥とも言えるトラブルです。

クリックすると元のサイズで表示します

これは以前から申し上げてはおりますが、三菱Jeepはとてもタフな車です。言い換えれば多少壊れていても走ってしまう車なのです。そのおかげでトラブルが出ているのに全く気が付かない方や、中には中古車で購入し乗り出した時から既にトラブルが出ているのに三菱Jeepだからこんなものと誤解されている方さえいらっしゃるのです。
ブッシュが割れてしまっていても多少ギヤの入りが悪くはなりますが、一応シフトチェンジは可能です。ただ決してJeepには良くはありません。ブッシュが割れたままのチェンジトレバーを使っていると段々遊びが大きくなり、最終的にはギヤの入りが悪くなるだけでなく、オイル漏れを引き起こしたり、ミッション本体をも傷めてしまうなどのトラブルも発生してしまいます。
末永く三菱Jeepを乗り続けていく為にも是非一度はご確認下さい。