トラクションシリンダー 

最近三菱Jeep用の部品は、純正部品だけでなく社外部品についてもかなりのものが残念ながら生産終了となってしまっております。店主が乗っているJ59改に付けている部品についても、かなりのものが今は入手出来ない部品となってしまいました。

さて、そのうちの一つですがJJCさんから出ていたトラクションシリンダーという商品を皆さんはご存知でしょうか。勿論店主が乗っている三菱ジープJ59改に付いている部品です。

クリックすると元のサイズで表示します

三菱Jeepの様なリーフスプリング車は、リーフスプリング本体へホーシングの位置決めと緩衝装置という相反する役割を持たせています。その為にしっかりと位置決めをしてしまうと硬くて動きの悪いサスペンションとなってしまい、逆に柔らかくて良く動く足にすると位置決めが緩慢となり、リアクスルにジャダーやワインドアップ(リヤアクスルのバタツキ)が発生してしまいます。また大径タイヤを装着したりパワーアップした場合、キャンバーの強いバネに換えたり、LSD等の作動制限装置をつけた場合にもジャダーやワインドアップは発生してしまいます。
それを抑えてくれるのがトラクションシリンダーなのです。
トラクションシリンダーを取り付けるとリヤアクスルのジャダーやワインドアップを押さえ込み、トラクションを大幅にアップさせてくれるのですが、凄いのはサスペンションのストロークは一切犠牲にしないという優れものなのです。

しかしこのトラクションシリンダーも既に生産終了となってからも結構な月日が経ちますので新品ではもう入手する事はないだろうと思っていたのですが、先日1セットだけ何と新品が入荷となりました。

クリックすると元のサイズで表示します

ただ最近では三菱JeepでCrossCountryJeepingをする方も少なくなっており、またこのトラクションシリンダーの効果を理解する方も少なくなってしまいましたので売れないものと思っておりましたが、先日神奈川県のTさんにご購入を頂きました。ありがとうございました。