リフレッシュ

三菱ジープJ59改の脚回りのリフレッシュを行ないました。
まずはリーフスプリングのブッシュをデューンのポリエーテルブッシュの新品へ、そしてショックアブソーバも7本プロコンプの新品へ変えました。

エッ!?・・・ショックなら4本だけなのでは?。ですって、

いえいえ、7本で間違いありません。店主の三菱ジープJ59改はリーフスプリングの4本だけでなく、その他にステアリングダンパーとトラクションシリンダーが付いているので合計7本になるのです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

もう約4年程、走行距離でも約2万㌔以上は使用しましたので全部を交換するのです。店主は消耗部品については期限や走行距離を決めて定期的に交換をしています。よく脚回りのショックアブソーバがへたったから交換しましたというお話はお聞きます。しかし殆どの方がサスペンションのショックアブソーバだけを交換しステアリングダンパーの方を気にされる方は少ない様に感じます。さらには意外とダメになってから交換をする方が多いともお聞きします。

まぁこれは個人の考えとなってしまいますが、店主は脚回りはやはりトータルで考えるべきなのではないかと思っています。さらに旧いJeepに乗るのであれば消耗部品についてはある程度の期限や走行距離等を決め定期的に交換した方が良く、またJeepに対しても優しいとの考えを持っているのです。