CJ-7のリヤシャックル

CJ-7のリヤシャックルを変更しました。
店主のCJ-7ですが、リーフスプリングは4×4エンジニアリングのカントリーサスペンションのV8用を、そして前後のシャックルはデューンのドロップシャックルを使っています。ただしデューンのドロップシャックルのCJ-7用は前後共タイプAしかありません。その為仕方なく使用しているところがありました。
しかしオフロードでのリヤ側のサスペンションの動きに対し不満があったのと、リーフスプリングのスパンの関係でもう少し長い方が良い事もあり今回の変更となりました。

製作元のデューンへCJ-7用のタイプBを特注で作製して貰おうと交渉はしたのですが残念ながら返答はNOでした。
こうなったらお得意の無いものは作るしかない。でリヤシャックルをデューンのドロップシャックルでオリジナル製作致しました。ただ単にサイドプレートを交換しだけではありません。CJ-7は通常の物とはピンの太さが異なりサイドプレートだけの交換は出来ないのです。
勿論他のメーカーの物ならデューンのタイプAよりもロングの物もありますが、店主の個人的な好みと強度や信頼性等の関係でどうしてもシャックルだけはデューンのドロップシャックルに拘りたい所があり今回の製作となりました。
取り合えずはお店にあったデューンのドロップシャックルのタイプCをベースとし何とか完成させ取り付けしました。勿論長さが届かなくなったショックも一緒にランチョからプロコンプへ変更です。

クリックすると元のサイズで表示します

おかげで今まで少しリヤ下がりだった姿勢も水平になりました。なおオフロードでの動きに対しては次回検証の予定です。