三菱JeepH-J58型カタログ

昭和50年10月に製作されたJ58デビュー時のカタログは、それまでのカタログと違い、一般ユーザーを意識した作りとなっている。特にこのJ58は、2リッターエンジンを搭載したことで、初のガソリンジープ4ナンバー(小型車)化が実現したモデルであるため、なおさらだ。初期型カタログのため、ナロウボディー仕様でコの字形シャックルを備えている。また、シート形状なども後期型と大きく異なる。