J55のクラッチペダル

三菱ジープの最終モデルであるKB-J55。
さすが三菱ジープの最終モデルというだけあって色々な箇所が改良を受けて変更されています。
しかしその中には逆にJ55の欠点というべき改良点がありました。それはクラッチペダルが戻らなくなる事です。
これは以前のJ53までとはクラッチペダル部の根本的な構造を変更し、クラッチペダルの踏力の軽減化の為にリターンスプリングの取り付け位置と形状を変更した為です。
まだリターンスプリングが新しいうちは良いのですが経年劣化によりそのリターンスプリングが経たって来るとクラッチペダルが戻らなくなるというトラブルが発生してしまうのです。
そのロッド付きリターンスプリングを外して直ったと言っている方、クラッチペダルへ強引に別のスプリングを取り付けて引っ張っている方、ブレーキペダル側にリターンスプリングが付いているから外しても問題はないと言っている方、等がいらっしゃいますがこれらはお薦め出来ない行為です。
キチンと直すにはリターンスプリングの新品への交換をお勧め致します。