Jeepを知らない子供達

以前Jeepをオープンにして走っていると、子供達は『カッコイイ!。』と言う言葉と一緒に必ず『Jeepだ!。』と言う言葉も大きな声で叫んでいました。
信号待ちの時なども、横に並んだ乗用車のドライバーから『Jeep!。良いね~。』などとよく声をかけられた事もありました。

しかし最近回りの人達の反応が以前と少し違います。
お店の近くの小学生の子供達は『カッコイイ!。』とは言ってくれるのですが、一緒出てくる言葉は『Jeep』と言う言葉では無く『変な車。』や『何?、あの車?。』と言うのです。
中には『ヘリコプターみたい。』と言われた事もありました。(一体何がヘリコプターの様に見えるのでしょうか?。)
信号待ちをしていた時も横断歩道を渡っていた子供が、
『ねぇママ、ママ!。この車屋根が無いよ!。変な車だよ!。』と指をさされて大きな声で言われた事もありました。
ガソリンスタンドに入った時、店員から『ドアを外しちゃったんだ。』と言われた事もあります。
給油待ちをしていた人から、『この車はなんていう車ですか?。』と聞かれ『Jeepですけど。』と答えたら、『エッ!。これってJeepなの?。』と怪訝な顔をされた事もありました。
お店の横に三菱ジープJ59改を停めておい時、来店した若い男の子に『表に停めてあるラングラー、カッコイイですね。』と言われた事がありましたし、CJ-7に乗っていた時に信号待ちで横に並んだ三菱ジープJ55に乗る若い男の子に、『やっぱりラングラーはカッコイイですね。』と言われた事もあります。

残念ながら最近『Jeep』を知らない人達が増えている様に感じます。やはり時代が変わって来ているのでしょうか。
カッコイイという言葉は嬉しいのですが、反面Jeepのお店を営んでいる店主としてはJeepを知らないのは悲しい(寂しい)思いです。
昔は「コンバット」「ラットパトロール」「ギャリソンゴリラ」など、第2次世界大戦のTVドラマや映画等が沢山ありました。
そしてその中に必ずJeepが出てきました。最近ではその第2次世界大戦の映画等が少なくなっています。

昔、四輪駆動車を称して「Jeep」と呼んでいた時期がありました。
トヨタのランドクルーザーを「トヨタのJeep」。スズキのジムニーなら「軽のJeep」。などと呼んでいたのです。
しかし、気が付けばいつの間にか四輪駆動車を称しては、ランクルやパジェロに取って代わられてしまったのです。
昔、ジローズというグループに「戦争を知らない子供達」という歌がありましたが、
今は「Jeepを知らない子供達」というところなのでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します