XJチェロキーの改良

神奈川県でXJチェロキーにお乗りのF様。今回そのチェロキーの脚回りの改良作業を行いました。

以前三菱Jeepにお乗りだったF様ですがご結婚を機にファミリーでも乗れる車両をとの事で中古のチェロキーに乗り換えられました。その中古で購入されたチェロキーですが既に4インチアップされた状態ではありましたが、以前よりクロカンが大好きだったF様はそのサスペンションの動きやオフロードでの走破性に対し不満を感じ弊店へご相談をして来られていたのです。そして今回の改良作業となりました。

今回の改良の内容は、まず前後サスペンションとショックアブソーバの交換、ステアリングダンパーの装着、更にエンジン系の方もアースイングシステムとプラスチャージの装着も行いました。
キチンとオフロードでの使用を考えたサスペンションを装着しなければサスペンション自体の動きは良くなりません。またバランスも大切です。その為サスペンションはフロントのコイルとリヤはリーフスプリングとシャックルの全て交換。更にフロントはサスペンションアームもサスのストローク確保の為にリフトアップ時の干渉を防止する形状で動きやすい構造の物に交換しました。リフトアップ時の乗り心地と安定性そしてオフロードでの走破性向上にはやはりサスペンションアームの交換も必要です。

改良後早々に、
『以前と比べると街乗りでもフラ付きが無くなり、乗り心地も良くなりました。オフロードコースに走りに行くのが楽しみです。』
と嬉しいご感想を頂きました。

クリックすると元のサイズで表示します

キチンとバランスを考えた改良を行えばチェロキーもJeepです。ノーマルより格段に良くなりますよ!。
あとどうも弊店は三菱Jeepの専門店と誤解されているようですが、HPのトップにもあげてあるようにJeepであれば全てのJeepを扱っておりますので、もちろんアメリカンジープのラングラーやチェロキーの部品販売や改良も行っておりますよ。