迷惑なランクルのレスキュー

毎年この時期になると思いだす事があります。
それは雪が降ったからと態々山の中の林道へ走りに行き、タイヤチェーンも付けずに走っていたせいで舗装道路の路肩から滑って崖に落ちたランドクルーザー80をレスキューに行った事です。
そのレスキュー作業をしに行った日も雪が降っており4月なのにSnowTraiをする事になりました。
山の中の林道はオフロードコースとは違います。楽しさや面白さと一緒にリスクがあるのです。
挑もうとするまた進もうとするのは勇気です。しかし引き下がるのも勇気なのです。何も考えずに挑もうとするのは勇気などではなく無謀の間違いです。勘違いをしないで欲しいものです。
こういう事故やトラブルを起こすと他の方へ迷惑をかけるだけでなく、四輪駆動車全体のイメージをも悪くする事になります。最近の車両は確かに昔の車両よりも性能は良くなり走破力は上がっています。しかし自分が持っているテクニックとその乗っている車両の能力を充分に把握しそれに合った場所や走り方をするべきですね。